NHK教育「えいごであそぼ」から生まれた0〜6歳児向け英語教材!

子供(こども)の英会話教育について

子供(こども)の英会話教育についてですが、
一般的に、日本国内は、は多言語環境でないのと、
日本語と英語は文法も文字も表現も全く違う言語だということがあり、
子供(こども)英会話教室などで、英語と日本語両方を話せるようにと
子供(こども)に英会話望教えても難しいという説もあります。

「バイリンガル」「セミ・リンガル」

日本に住む子供の場合は、やはり、当然ですが、日本語が、
「母語」になり、もう1つの言語は使えるけれど母語には及ばない
「セミ・リンガル」な人が子供が、圧倒的に多いそうです。

つまり、日本の子供が、優れた子供(こども)の英会話教育
の環境の下において、学んだとしても、「バイリンガル」になるのは、
日本語と英語の異なり方から言いまして、難しいといえましょう。


子供(こども)の英会話教育


とは、言うものの、全く、「バイリンガル」にならないという
可能性もありません。実際、大人になって英会話を学んで、バイリンガル
になった人も居ますので、子供(こども)の英会話教育
英語は子供というのはやっておいて損はないと思います。

NHK教育「えいごであそぼ」から生まれた0〜6歳児向け英語教材!

ヨーロッパでは・・・

ヨーロッパなどでは、
1つの国で2ヶ国語以上が共通語となっている所もありますが、
それらの国では、小学校、又は中学校ぐらいから自分の住んでいる
地域の言葉以外にその国の共通語を学びますが、ヨーロッパの言語は似通っ
ているので、ある程度は身につくようですし、大人になってその国の共通語
のうち少しでも多く話せるほうが就職には有利な所もあるようです。


バイリンガル


ひとつの例ですが、子供はお父さんとは「日本語」、
お母さんとは「フランス語」、お父さん・お母さんと
一緒のときは「英語」、学校や幼稚園などでは「ドイツ語」、
などといろんな言語を使う機会があるようです。

これは、両親の母国語が違う子供に対して、1人の親につき1ヶ国語
(親の母国語が一番良い)を使って子供に話しかけ、
どんな状況の時もその体制をずっと続けることで身につく子の話です。

NHK教育「えいごであそぼ」から生まれた0〜6歳児向け英語教材!

親子で英語を楽しみましょう

子供の脳は、忘れるのも早いですが、柔らかく、
たくさんのことを吸収するので、日本語を母国語とするのなら、
日本語を、きちんと身につけることも大切ですが、個人的には、
子供の時から英語に触れてもらっても良いと思います。

日本語の読み書きは早ければ幼稚園、
保育園から、又は、小学校から習うので大丈夫でしょう。

子供(こども)の英会話教育には、
親子で英語を楽しむことが、大切だと思います。


子供(こども)の英会話教育


まだお子さんが小さいので、
親が良いと思うものを選んで一緒に楽しむのも良いでしょう。

お子さんが大きくなればいろいろ好みもあると思いますので、
一緒に選んだりするのも楽しいかもしれません。

そして、小さいお子さんがいるなら、
NHK教育「えいごであそぼ」がおすすめです。


日本語、英語に関わらず、お子さんと一緒に、絵を描いたりぬったり、
歌を歌ったり、ゲームをしたり、英会話教材の日本のものは日本語で、
英語圏のものは英語で、などとやってみるのも面白いかもしれませんね。




copyright©英会話が上手くなる情報局 All Rights Reserverd.